2016年、最後の作品展を迎えて思うこと


今年最後のイベント、酒井ひさお絵画展「いきもの〜いのちあるもの〜」が始まりました。

一昨年の2014年12月10日に、念願だったイラストレーター深尾竜騎さんの作品展を開催させていただきました。そして2年が経ち、12月の同じ日に、深尾さんの作品展会場で出会った深尾さんの友人の画家 酒井ひさおさんの個展を開催できたこと、とても嬉しく感慨深い思いです。

bokunosukinamori

↑2012年深尾竜騎展より

お店を持つことは、私にとって場を持つことでした。場所が出来れば何とかなる、何かが出来る、生まれる、そんな漠然とした考えがありました。そこが、美味しいコーヒーが飲めて、心を動かすようなものとの出会いのある快適な場所なら、ほんとに言うこと無しだなぁと。

酒井ひさおさんの作品搬入日の夜には、滋賀から深尾竜騎さんがお手伝いに駆けつけてくださって、西川と私も微力ながら参加して展示準備をしました。そんな4人が集まった店内で、この2年間に私たちは少しずつ親しくなり、以前よりもずっといろいろな話が出来るようになっていることに改めて気づきました。この場所を2年間生かして育んでくださった、多くの方達のおかげだと心から思います。

img_3724

↑深尾さんと酒井さんで大作展示中

img_8454 img_8459

酒井ひさお絵画展、初日からの週末は、いつもvowcafeを応援してくださっている方たちや、これまで作品展をしてくださった作家さんたちが来てくださって、にぎやかに過ごすことが出来ました。2回目の先週末は、酒井さんとお仲間の懐かしい再会や感動的な出会いの場面に立ち会うことが出来て、またまたとても幸せでした。

思い返せば、この場所はまるで「いきもの」のように一人歩きをして、いつの間にかたくさんの人と人を結びつけ、いろいろなものを呼び寄せてくれていたんですね。自分で作ったつもりだった場所は、多くの人たちの支えを栄養に成長して、自力でどんどん動いています。日々頑張っている西川と、だいぶお疲れ気味の私を乗せて、時間の中を運んでくれているような気がします。今、この場にいられることにも感謝しなきゃ、そんなことを考えながら、年内最後の個展会場に立っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です