ふたりのこと


こんにちは。スタッフニシカワです。

来月から始まる『ふたり展』。

オープン当初より毎年行っており、今年で3回目を迎えます。

回を重ねるごとに確実にファンが増えている、ふたり。

そんなふたりの魅力って、何だろう?

そう思ったときにすぐに思いついたのが、確実に可愛くて、そして、へんてこだということでした。

holickerさんの、樹脂でできた動物たちはみな何とも言えない愛らしいお顔をしています。

女性なら絶対、好きになる可愛さ。そして、そんな可愛い作品の中にでも、彼女らしい、ユニークなものも。

個人的には特に、戌張り子がお気に入りです。

一見可愛い物を作っているように見えますが、話をしていると、ちょこちょこと、不思議なことも。

例えば、オーナー達とカニを食べに行った翌日のこと。偶然か何かの用事で会った彼女に、お土産でもらってきたカニをあげると、「わ〜い!カニの口の部分がどうなっていたのか、ずっと気になってて見たかってん!!」と言って、たいそう喜んでくれました。そんなに、カニの口まわりの構造、気になる・・・?!と思いながらも、お渡ししました。その後、お家でじっくり眺めたそうです。

またある時は、とてもリアルなイカのイヤリングやピアスを作っていたり、うさぎのことをとても愛していたり、カブトガニのお腹の部分を忠実に再現しようとしていたり。

可愛いものも、面白いものも、ある、holickerさんの作品。

そんな面白いことを考えているholickerさんの目線で作られた作品だからこそ、多くのファンの方に愛されているのだろうなぁ、とぼんやり思っています。

 

一方の、消しゴムはんこを作っているusamusi Worksさんは、holickerさんに比べると、ユニークな作品が多く並びます。「自分で作ってて言うのもあれやけど、これ、何に使うんやろ?」なんてことを耳にすることもしばしば。

見本として紙にはんこを押して、販売用のはんこに添えて小包装されているのですが、その紙に書かれた何気ない一言が「面白くて好きなんです」という方も多くいらっしゃいます。うさむしさんの考えることや言葉自体が、面白いところも、ファンの方々にとって魅力のひとつなんですね。

一見、へんてこな図柄のはんこが多くあるように見えますが、そのはんこには実はテーマがあったり、知識が豊富なうさむしさんならではの目線で作られた物が多くあります。

たとえば、横溝正史の小説、八つ墓村や金田一シリーズをモチーフにした図柄、稲川淳二風のキャラクターのもの、トリがパンツを履いている「変態紳士」シリーズ。

普段話をしていても、谷崎潤一郎のことばかり考えていたり、満島ひかりの乱歩シリーズに興味があったり、、。20代くらいの女の子では到底思いつかないことばりを考えているなぁ、といつもしみじみ。

そんな、うさむしさんだからこそ、話をしていると面白く、年齢層の幅広いファンがいるんだろうな、と。そして、意識をするしないに関わらず、面白いことを考えているうさむしさんの頭の中のものがはんこに表れていて、そこが多くの人に愛されている理由なのだろうと思います。

実は中身は変態だということを必死で隠しているようですが、はんこにばっちり現れているため、すでに手遅れです。

 

知れば知るほど面白く、どんどんはまっていってしまう、ふたり。

来月より始まる『ふたり展』では、可愛くて、ユニークで、時にへんてこな楽しい作品がたくさん並びます。

どうぞ皆様、ご期待下さい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です