投稿者「hiraoka」のアーカイブ

凸凸製作所 よぎみちこ展

トリとネコと水玉模様

2021年11月19日(金)〜28日(日)  22日はお休み 
12:00〜17:30 vow’s space 1階

沖縄本島南部、目の前に海が広がりハイビスカスが咲く高台に建つ凸凸製作所。
そこでものづくりを続ける陶芸家のよぎみちこさんは、おおらかで笑顔が似合う、猫を愛する女性です。
出会ってしまったら、どうしてもテーブルの上に、日々の暮らしに、欲しい器。
いい形、いいデザイン、いい色合い・・・。
そして、砥部焼の修行などを経て培われた、軽くて丈夫な半磁器ならではの使い勝手の良さも他にはない魅力です。

そして数は少ないのですが、よぎさんが保護ネコたちのチャリティを目的に製作している人気の「猫のご飯皿」も会場に並びます。
日々温かく猫たちを見つめているよぎさんならではの視線で作られた「猫のご飯皿」。
数は7個と限られています(初日の残数4個)。どうぞお早めにお気に入りをお求めください。

猫のごはん皿(フードボウル?)チャリティについて よぎみちこ

愛媛時代に保護団体から迎えた3匹の猫とともに、沖縄にUターン移住しました。
越して来てすぐ、長女が子猫を拾いました。
ドン、男の子。
2年目、元気いっぱいだったのにある日突然発作を起こしてしまい、病院に駆け込むもそのまま虹の橋へ。
ドンちゃんを失った悲しみに暮れ、もうこんな悲しみは嫌だ、野良猫に会いたくない。野良猫がいない沖縄にしたい。
そのために何かできることはないかな?と、いろいろ調べてみると、ちょうど集団TNRのボランティア募集を見つけました。
(TNR=簡単に言うと野良猫の避妊去勢手術を行い、元の場所へ戻すとりくみ)
娘2人と一緒に何度かボランティアに参加していくなかで、熱心に活動するその愛護団体さんを知りました。
一般社団法人「琉球わんにゃんゆいまーる」さんです。
それぞれお仕事をしながら、殺処分される野良猫を増やさないために奔走するメンバーさんたちに頭が下がりっぱなしでした。
私も間接的にでも継続して出来ることがなかな?と考えたのが、猫のチャリティごはん皿作り。
2018年から、お取引先さんに販売に協力していただき、材料費などの必要経費を除いて、琉球わんにゃんゆいまーるさんに寄付しています。
裏には「さくらみみの猫」のマークを。
たくさん作ることはできないけど、コツコツ続けていけたらと思っています。

「はじめまして、cabocheです」開催のお知らせ

cabocheの志水さんからvow’s宛に突然一通のお便りをいただいて、
数年にわたって原因不明の体調不良に悩みながら、
アトリエでもの作りを続けていらした事を知りました。
体調が回復された現在は、オリジナルの帆布や革の作品を発表しながら、
革で手作りする楽しさを知ってほしいと「革小物手縫いの会」を主催されています。
驚いたことにcabocheさんはvow’sから歩いて2〜3分のご近所、
何年も前からvow’sを見ていてくださったとのこと。
一通のお便りをご縁にcabocheさんのアトリエに足を運び、そこで出合った作品は、
丁寧に作られたことを感じさせるしっかりとした作りと魅力的なデザインのものでした。
この日、今回の作品展の話が持ち上がり、ご近所の強みで打ち合わせを重ね、
いよいよ3月18日(木)より開催です。
4日間の短い会期ですが、vow’s spaceは手仕事の魅力あふれる場となります。

自分の手で革の小物を作ってみたいという方には、
通常は3〜4度教室に通って仕上げるカードケースを、
2時間で仕上げる特別なワークショップをセットしていただきました
(完成品をご購入の場合の定価は5500円)。
参加ご希望の方は、ホームページよりお申し込みください。
革の色は指定の4色からお選びいただけます。
お一人でも多くの方に足を運んでいただき、cabocheさんと作品に
ご縁を持っていただけますことを願っております。    vow’s space

※ 会場が少し広く明るくなりました。窓を開けてきれいな空気を入れながら
お待ちしています。手指消毒、マスクの着用にご協力ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「はじめまして、cabocheです」 caboche  志水秀行

阿倍野区昭和町にある小さなアトリエcabocheは、
革の小物を手作りしてみたいという方に向けて『革小物手縫いの会』を主催し、
帆布のかばんや革小物の受注製作も行っています。
このたびご縁があり、ご近所のvow’s space+ほんま食堂さんで、
かんたんな革小物作りのワークショップと、帆布かばんや革小物の展示を
させていただくことになりました。
4日間だけの短い会期ですが、vow’sさんで皆様とお目にかかり、
一緒に手作りを楽しめることを楽しみにしています。
どうぞお気軽にお出かけください。
cabocheとは、古いフランスのことばで靴の底などに打つ”釘”のこと。
目立ちはしませんが、靴をつくるうえで欠かすことのできない大事なモノ。
寡黙でまっすぐな釘のように、実直な姿勢でものづくりと
向き合っていきたいという気持ちを込めました。

開催期日:3月18日(木)〜21日(日) の4日間
場所:vow’s space(ほんま食堂2F) 12時〜18時
作品即売・オーダーを承ります。
20・21日にカードケース作りのワークショップを開催いたします。



●コロン・カードケース ワークショップのご案内

日時:3月20日・21日 12時より約2時間
参加費:4000円(税込)

革のカットや穴あけなどの作業を済ませた素材で製作しますので、強い力も必要なく、
丁寧に糸で紡いでいくことがメインの初心者向きワークショップです。
1回4名様と少人数で開催します。

参加のお申し込みは、以下の項目にお名前などをご記入の上、
k-hiraoka@vowcafe.net までメールをお送りください。
*木曜・金曜で参加をご希望のお客様は、可能な限り対応いたしますので、
以下のお申し込み方法のメッセージにその旨をご記入の上、
お問い合わせください。


【お申し込み方法】

お名前:
ご連絡先電話番号:
メールアドレス:
ご希望日:
ご希望の革色:     (赤・黒・茶・キナリより1色お選びください)
メッセージ:

2月19日金曜日「酒井ひさお絵画展〜深呼吸〜」開催のお知らせ

「酒井ひさお絵画展〜深呼吸〜」
2021年2月19日(金)〜28日(日) ※24日・25日はお休み
12:00~18:00 入場無料 作品即売有り
作家在廊予定日:2月19日 20日 21日 27日 28日

昨年2月、多くのお客様にお集まりいただいた酒井ひさおさんの絵画展。
皆さんに喜ばれる作品展になったことを本当に嬉しく思い、
「来年もね」と酒井さんと約束しました。
しかし、こういう不安定な世の中の状況が思いのほか長く続き、
開催はvow’sとしても迷うところでした。

作家さんにとっては作品を発表し、販売することももちろん重要なことですが、
何よりも大切なのは、一人でも多くの方に作品と出会っていただき、味わっていただいて、
喜んだり、慰められたり、勇気づけられたりしてほしい。販売はその先にあると考えています。

そんな中、酒井さんと打ち合わせのためにお会いした時のこと。
彼が、「作品を買う買わないじゃなくて、ご近所の方達が気楽にvowにやって来て、
その空間で僕の絵を見て、なんとなく緊張して疲れている気持ちが安まったり、
ゆっくりと深い呼吸が出来たりするといいなあと思っている」と言いました。
その時、今回の作品展は「深呼吸」という名前になりました。

酒井さんの作品は、見る人、一人一人の心のどこかに触れているんだな、といつも感じます。
どうぞ、新しく少し広く明るくなったvow’sの2階スペースで、
ゆっくりと酒井さんの世界をお楽しみください。

窓を開けて、きれいな空気を招き入れてお待ちしています。