「はじめまして、cabocheです」開催のお知らせ

cabocheの志水さんからvow’s宛に突然一通のお便りをいただいて、
数年にわたって原因不明の体調不良に悩みながら、
アトリエでもの作りを続けていらした事を知りました。
体調が回復された現在は、オリジナルの帆布や革の作品を発表しながら、
革で手作りする楽しさを知ってほしいと「革小物手縫いの会」を主催されています。
驚いたことにcabocheさんはvow’sから歩いて2〜3分のご近所、
何年も前からvow’sを見ていてくださったとのこと。
一通のお便りをご縁にcabocheさんのアトリエに足を運び、そこで出合った作品は、
丁寧に作られたことを感じさせるしっかりとした作りと魅力的なデザインのものでした。
この日、今回の作品展の話が持ち上がり、ご近所の強みで打ち合わせを重ね、
いよいよ3月18日(木)より開催です。
4日間の短い会期ですが、vow’s spaceは手仕事の魅力あふれる場となります。

自分の手で革の小物を作ってみたいという方には、
通常は3〜4度教室に通って仕上げるカードケースを、
2時間で仕上げる特別なワークショップをセットしていただきました
(完成品をご購入の場合の定価は5500円)。
参加ご希望の方は、ホームページよりお申し込みください。
革の色は指定の4色からお選びいただけます。
お一人でも多くの方に足を運んでいただき、cabocheさんと作品に
ご縁を持っていただけますことを願っております。    vow’s space

※ 会場が少し広く明るくなりました。窓を開けてきれいな空気を入れながら
お待ちしています。手指消毒、マスクの着用にご協力ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「はじめまして、cabocheです」 caboche  志水秀行

阿倍野区昭和町にある小さなアトリエcabocheは、
革の小物を手作りしてみたいという方に向けて『革小物手縫いの会』を主催し、
帆布のかばんや革小物の受注製作も行っています。
このたびご縁があり、ご近所のvow’s space+ほんま食堂さんで、
かんたんな革小物作りのワークショップと、帆布かばんや革小物の展示を
させていただくことになりました。
4日間だけの短い会期ですが、vow’sさんで皆様とお目にかかり、
一緒に手作りを楽しめることを楽しみにしています。
どうぞお気軽にお出かけください。
cabocheとは、古いフランスのことばで靴の底などに打つ”釘”のこと。
目立ちはしませんが、靴をつくるうえで欠かすことのできない大事なモノ。
寡黙でまっすぐな釘のように、実直な姿勢でものづくりと
向き合っていきたいという気持ちを込めました。

開催期日:3月18日(木)〜21日(日) の4日間
場所:vow’s space(ほんま食堂2F) 12時〜18時
作品即売・オーダーを承ります。
20・21日にカードケース作りのワークショップを開催いたします。



●コロン・カードケース ワークショップのご案内

日時:3月20日・21日 12時より約2時間
参加費:4000円(税込)

革のカットや穴あけなどの作業を済ませた素材で製作しますので、強い力も必要なく、
丁寧に糸で紡いでいくことがメインの初心者向きワークショップです。
1回4名様と少人数で開催します。

参加のお申し込みは、以下の項目にお名前などをご記入の上、
k-hiraoka@vowcafe.net までメールをお送りください。
*木曜・金曜で参加をご希望のお客様は、可能な限り対応いたしますので、
以下のお申し込み方法のメッセージにその旨をご記入の上、
お問い合わせください。


【お申し込み方法】

お名前:
ご連絡先電話番号:
メールアドレス:
ご希望日:
ご希望の革色:     (赤・黒・茶・キナリより1色お選びください)
メッセージ: